住宅購入までの流れとしては、まず、何よりも最初のうちは、資金計画をちゃんと立てることが大切です。子供がいるなら、これから必要な教育費を算出して資金計画を立てましょう。共働きだったのに奥さんに子どもができて働けなくなったり、不況の影響で旦那さんの収入がダウンしたりと、不測の事態もあるていどは想定しておいてください。資金計画を立てたら、購入したい住宅の条件を決めます。夫婦でよく話し合いをして、一戸建てにするのかマンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)にするのか、新築なのか中古なのかなど、希望条件を決めていきてください。どこに住むのかによっても、住宅の金額は大きく変化するものですよね。この段階でもめてしまって、住宅購入計画が頓挫すると言うよくありがちなだといえるのではないでしょうか。希望条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)をピック(撥弦楽器を演奏するための道具をいうことが多いです)アップしたら、不動産業者を探します。不動産業者が信頼できるかどうかで、住宅購入の成否が決まるといって過言ではないんです。くれぐれもじっくりと、誠意ある不動産業者を探して下さいね。不動産業者さんに希望条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)を伝えたら、納得のいくまで物件を内見します。周辺環境を調べたり、地盤(かたいところとやわらかいところがあり、やわらかいところは建造物を支える力が弱くなります)なんかもチェックした方がいいかもしれません。購入を決めたら、申込み金を支払いますね。重要事項確認書に署名と捺印したら、住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)を申請します。重要事項確認書への署名捺印後、すぐに売買契約を行う場合もあるみたいですが、その場合は、前もって住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)の仮審査などを行っておく必要があります。売買契約の際、手付金を支払いるみたいですが、購入を中止したらこの手付金(売買価格の5%から10%くらいが一般的な相場だといわれています)が全額返金されるのかも確認してください。無事に住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)の借り入れができれね、残りの費用を払って、引渡しを行うんですー